高齢の方や慢性的な病気をお持ちの方などは、とりわけ肺炎を発症しやすくなかなか治らないと言われているので、事前の予防やスピーディな手当が大事です。
高血圧(hypertension)の状態が長い間続くと、体中の血管に強い負担がかかった結果、全身至る所のあちらこちらの血管にトラブルが発生して、合併症になってしまう可能性が大きくなります。
細菌やウィルスなど病気を発生させる病原微生物、即ち病原体が口から肺の中に入り込み伝染し、肺全体が炎症反応を起こしている状況を「肺炎」と総称しているのです。
寝姿を見ることなどで、入居者さんがセラピーアニマルのことを愛おしく感じる時に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを軽減したりヒーリングなどに繋がっています。
吐血と喀血は口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は喉から肺に続いている気道(呼吸器のひとつ)からの出血のことであり、吐血は十二指腸よりも上の消化管から出血する症状のことを表しているのです。
体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変動がなく、体重が食物の摂取や排尿などによって短時間で増減する際は、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が上昇することがわかっています。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体内の脂肪が占有している歩合で、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算式によって調べられます。
メタボリック症候群とは断言されなくても、内臓に脂肪が多く溜まる型のよくない肥満を持ってしまう事に縁って、色々な生活習慣病を起こす可能性が高まります。
毎日のように横向きのままでTV画面を見ていたり、長い時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴をいつも履くという習慣は身体のバランスを悪くしてしまう大きな原因になります。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、3〜4日くらいちゃんと服薬すれば、原則として9割近くの人の自覚症状は良くなりますが、そうは言っても食道粘膜の発赤や炎症が完全に治ったとは言い切れないので留意してください。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事の欧米化に加えて能動喫煙・アルコールの常飲・肥満等の生活習慣が悪化したこと、ストレスなどにより、ことさら日本人に増加しつつある疾患だといえます。
体を維持するのに必要なエネルギーの源として速攻で機能する糖、新陳代謝に欠かせない蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこういった様々な活動を維持するために外すことのできない成分までも減少させている。
植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の化学物質について、肝臓の持っている解毒酵素の効率的な発生をサポートしているかもしれないという事が明らかになってきました。
30才から39才までの間に更年期が訪れるとすれば、医学的な用語で表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という女性疾患を指します(日本では40才以下の女の人が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と言っています)。
筋緊張性頭痛とは肩凝り、首筋の凝り、張りが素因の患者数が多い頭痛で、「頭を締め付けられるような強い頭痛」「頭が重苦しいような鈍い頭痛」と表現されています。

§148 · 4月 3, 2017 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.