生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を左右するβ細胞が何らかの理由で壊れてしまったために、あろうことか膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなることによって発病するという糖尿病なのです。
陰金田虫とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)という病名で、カビの仲間である白癬菌が陰嚢、股部、尻などの部位に何らかの理由でうつってしまい、定着する感染症のことで簡単に言うと水虫です。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科手術としては大体「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「大動脈冠動脈バイパス移植手術(CABG)」の2種の技術がよく扱われています。
ポリフェノール最大の特長は水溶性のビタミンCやV.E.などとは性質が異なっており、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を防ぐ作用をいかんなく発揮するのです。
結核の原因となる結核菌は、感染した人が「せき」をすることで室内に放たれ、空中でフワフワ漂っているのを違う人が呼吸しながら吸い込むことで感染していくのです。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国でも同じですが、数値の評価レベルは国単位でそれぞれ違いがあり、一般社団法人日本肥満学会ではBMI値22を標準、BMI25以上は肥満、18.5未満の場合だと低体重と定めています。
突然発症する急性腸炎は、大抵は腹痛・吐き気・下痢に見舞われる程度ですがバイ菌の感染による腸炎の場合はひどい腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度台の高い発熱が相違点です。
内臓に脂肪が多い肥満と診断されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、「血圧(blood pressure)」、高血糖のうち2項目以上に相当する様子のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と名付けました。
加齢が原因の耳の遠さではゆっくりと聴力が落ちていくものの、大半の人は還暦過ぎまでは聴力の衰退をしっかりと把握できません。
チェルノブイリ原発の爆発事故のその後の追跡調査の結果では、成人に比べて体の小さな子供のほうが飛んできた放射能の良くない影響をより受容しやすくなっていることが判明しています。
一般的には骨折に至らない程度の小さな圧力でも、骨のある定まったエリアに複数回にわたり途切れることなくかかってしまうことによって、骨折に至ることもあります。
亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係している色々な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに欠かせない酵素など、約200種類以上ある酵素の構成物質として絶対に外せないミネラルの一つなのです。
クモ膜下出血(SAH)は9割近くが「脳動脈りゅう」という血管にできるコブが破裂して脳内出血してしまうことで引き起こされてしまう深刻な病気だということを多くの人が知っています。
今時の病院のオペ室には、御手洗や専用の器械室、手術準備室を設けさせ、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を備えておくか、付近にX線のための専門室を作るのが常識である。
食事の際は、次に食べたいと思った物をなんとなく口に運んで数回咀嚼して飲み下して終わりだが、その後も体は実によく機能し異物を身体に取り入れる努力をし続けているのだ。

§152 · 5月 6, 2017 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.