気分障害のうつ病というのは脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが不足し、不眠、憂うつ、強い疲労感、食欲低下、焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの深刻な症状が2週間以上続きます。
突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状が出る程度で治まりますが、細菌感染による腸炎の場合は凄まじい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに高熱も出るのが相違点だといえます。
急性中耳炎は、最も代表的な中耳炎で比較的子どもに起こりやすい病気です。耐え難い耳の痛みや38℃以上の高熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(じろう)などのさまざまな症状が出現するのです。
好気性桿菌の結核菌は、感染した人がゴホゴホと「せき」をすることによって内気の中に放り出され、空中でフワフワと浮かんでいるのを誰かが呼吸しながら吸い込むことによって次々に感染します。
今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に対抗するだけの免疫、すなわち抵抗力を持っていない人々が増加していることや、早合点のせいで診断が遅れることによるアウトブレイク・院内感染が増えています。
ただの捻挫だろうと勝手に決めつけ、包帯やテーピングテープなどで一応患部を固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を施した後少しでも早く整形外科を受診することが、根治への近道だといえます。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の中が細くなって、血流が途絶えて、酸素や大切な栄養が心筋まで配達されず、筋肉細胞が壊死するという大変重い病気です。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康な人にも症状が出ることがあるので緊急の健康障害ではないのですが、発作が数回に渡って継続して発生するケースは危険なのです。
肥満(obesity)の状態というのはもちろんあくまで食生活の質や運動不足が因子になっていますが、内容量の変わらない食事であったとしても、かきこむように食べ終わる早食いを日常化することにより体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。
子どもの耳管の仕組みは、大人の耳管に比べると太い上に短めで、なおかつ水平に近いため、ばい菌が侵入しやすくなっているのです。幼い子供がよく急性中耳炎を起こすのは、このためだと言われています。
ダイエット目的でカロリーを抑制する、1日3食のうち1食を飛ばす、そのような暮らしのスタイルが結果として栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を誘引する事は、多くの医療関係者が危惧されています。
アイコンタクトで、入居者さんが犬のことを可愛いと思うと「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスを減らしたり癒やしに結びついているのです。
胸痛を主訴とする狭心症の外科的な施術としては現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス術」という双方の手段が標準的に使用されています。
下腹部の強い痛みがみられる主な病には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、女性特有の疾患等が挙げられるでしょう。
チェルノブイリ原発事故に関するその後の後追い調査のデータをみると、体の大きな大人よりも体の小さな子どものほうが飛散した放射能のダメージを受容しやすくなっていることがわかっているのです。

§157 · 5月 24, 2017 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.