赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに平成24年9月1日から原則無料の定期接種となるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で接種するという個別接種の形に変わりましたのでご注意ください。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間のイソチオシアネート類のスルフォラファンという物質が、肝臓の持っている解毒酵素の円滑な創造活動を助けているかもしれないという新たな事実が判明してきたのです。
5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のメンテナンスや痛みを抑制し、様々な分泌物質の覚醒などを操作していて、単極性気分障害(大うつ病)に罹患している人はその機能が弱くなっていることが判明しているのだ。
メタボリックシンドロームとは言われていなかったとしても、臓器の脂肪が付いてしまう性質のよくない肥満を持っていることによって、いろんな生活習慣病を発症する可能性が高まります。
ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が失われた後に購入できる、まったく同じ成分で経済的な自己負担の小さな(クスリの価格の高くない)後発医薬品のことを指します。
抗酸菌の結核菌は、患者がゴホゴホと「せき」をすることで外気や内気に散布され、空気中でふわふわと漂っているのを今度は別の人が空気と一緒に吸い込むことによって拡がります。
ダイエットに没頭するあまり1日の総カロリーを抑える、1人前を食べない、というような暮らし方が結果として栄養までもを不足させ、深刻な冷え性を誘引していることは、多くの先生方が言われていることです。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという特徴があるためオゾン層を通る際に一部分が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊すなど、肌にとって悪い影響をもたらすのです。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としては現在「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「冠動脈大動脈バイパス移植術」の2つの異なる術式が頻繁に用いられています。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常により生じる湿疹で、皮脂分泌が異常をきたす要因としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの崩れやビタミンBコンプレックスの欠乏等が大きいと言われているのです。
酒類に含まれるアルコールを分解する作用のあるナイアシンは、嫌な二日酔いに極めて有効です。辛い宿酔の素因である酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の無毒化に力を発揮します。
心筋梗塞は心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が狭くなって、血液の流れが止まって、大事な酸素や栄養を心筋に届けられず、筋細胞そのものが機能しなくなる恐ろしい病気です。
耳鳴りには種類があって、本人しか感じないような「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように当事者だけでなく他の人にも高性能のマイクロホンなどを使ってみると響いているような「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
鍼灸用の針を皮膚に刺す、というフィジカルな程よい無数の刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスという名の電気信号の化学伝達を引き起こすという見解が一般的です。
スギ花粉症などの症状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ等)のために夜よく眠れない場合、それが誘因で睡眠不足になり、次の日起きてからの業務の遂行にダメージを与えることも考えられます。

§158 · 5月 28, 2017 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.