グラスファイバーで作られたギプスは、大変強くて軽量な上に耐久性があって、雨などで濡れても使えるという特長があるので、現在用いられるギプスの第一選択肢となるまでに浸透しました。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が満了してから約30日後、市場のおよそ80%が後発医薬品(こうはついやくひん)に切り替わるような薬もあるというくらい、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は先進国で浸透しているという現実があります。
栄養バランスの取れた食生活や適切な運動は言わずもがな、ヘルスアップや美容を目的として、食事以外に色々な成分のサプリメントを服用する行為がおかしくなくなっています。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、4〜5日くらいちゃんと服薬すれば、大抵、ほとんどの患者さんの自覚症状は無くなりますが、かといって食道粘膜の炎症反応そのものが完全に引いたとは断定できないのです。
「体脂肪率」というものは、全身の脂肪の付いているウェートで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(weight、kg )×100」という計算式によって算出されます。
クシャミや鼻水、鼻づまりや目の痒み・ゴロゴロする感じなどの花粉症の諸症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛散している量に追従して深刻になるという特徴があると言われています。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が原因で現れる湿疹で、皮脂の分泌異常の因子としては男性ホルモンと女性ホルモンの不均衡やV.B.コンプレックスの不足等が注目されているのです。
今、比較的若い世代で感染症である結核に対抗する抵抗力、即ち免疫力の弱い人々が多くなっていることや、早合点のせいで診断が遅れることが主因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染が増えているようです。
汗疱とは掌や足裏、指の間などに細かい水疱ができる病気で、通俗的には汗疹(あせも)と呼び、足裏にできると水虫と混同されるケースもままあります。
AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格を保持していない一般の人にも扱うことのできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスの通りに手当することで、心臓が細かく震える心室細動に対しての治療の効力を患者に与えます。
体脂肪の量には変動がなく、体重だけが食物摂取や排尿等により一時的に増減する際は、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減ったら体脂肪率が高まることがわかっています。
World Health Organizationは、身体に害を与えるUV-A波の極端な浴び過ぎが皮膚にトラブルを誘引するとして、19歳未満の男女がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を利用することの禁止を広く世界中に勧告中です。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口からの出血に違いはありませんが、喀血とはのどから肺を繋いでいる気道からの出血のことで、吐血というものは十二指腸より上部の消化管から出血する病状を指しているのです。
高血圧の状態が長い間継続すると、体中の血管に大きなダメージがかかった結果、頭頂からつま先に至るまで様々な血管に障害が巻き起こって、合併症を併発する率が拡大します。
耳鳴りには種類があって、当事者しか聞こえないという「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように当事者と他の人にも高性能のマイクロホンなどを使用してみると聞くことができるという部類の「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。

§162 · 7月 4, 2017 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.