今の、なんというか労働とも世間とも情熱とも程遠い、寺族ばかりの本願寺とはぜんぜん違うと思う。

「五劫思惟の苗代に
兆載永劫のしろをして
一念帰命のたねをおろし
雑行自力の草を取り
念々相続の水を流し
往生の秋になりぬれば
このみとるこそうれしけれ 」

『安定と収入こそ全て!タイプ』
お待たせ!至近距離から君の生活と人間性全てを見通す隣のお姉さんよ。そうねえ……キミは仕事に対してあまり多くを求めていなくて、安定した身分と収入が保証されていれば満足しちゃうタイプじゃないかな?変化が好きじゃなくて、現状が続くことに高い関心があるとお姉さんは見てるわ。24時間見てるのよ。

競争社会の中を勝ち抜いて自分を高めたり、大きく出世するような人生にはあまり興味がなくて、今の仕事がいつまでも同じように続くことが大切だと考えてるんじゃないかしら。とにかく変化が嫌いなことが伝わってくるわ。

家庭や趣味、余暇のような、仕事の他に過ごしている時間をとても大切にしているから、仕事はそういった時間を維持するために最低限やれば良いという考えの持ち主ね。出世やそのための競争より、人から嫌われることなく、身分が安定して続くことのほうが大事だと思ってるはず。どう、当たってるでしょ?24時間見てるのよ?望遠鏡で……。

§23 · 8月 13, 2014 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.