「掛け値なしに本音をいえば、仕事を変えることを決めた最大の要因は年収の為なんです。」こんな例もよくあります。ある外国籍のIT企業の営業関係の中堅男性社員の例です。

公共職業安定所などの場所では、色々な雇用情報や事業の運営に関する制度などの情報が公開されていて、近年ではかろうじて情報そのものの対処方法もレベルアップしてきたように思っています。

有名な成長企業と言ったって、100パーセント絶対にずっと平穏無事。まさか、そんなわけはないので、その点についても真剣に情報収集するべきだ。

一般的に企業というものは雇用している人に収益全体を割り戻してはいません。給与に鑑みた現実的な労働(必要労働時間)は精いっぱい働いた事の半分かそれ以下ということだ。

【就職活動のために】人材紹介サービスを行う場合は、企業に送り込んだ人があっさり離職するなど失敗してしまうと人気が下がるので、企業のメリットやデメリットを両方共に隠さずに説明するのである。

§30 · 8月 31, 2014 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.