今回も、見て頂いた方々からは、気持ちが落ち着く、癒されるなどの感想を頂いた。
それは撮影する段階での、ボクの気持ちが写真に込められているからだと考えている。

写真を買って頂いた方からも、
「長く飾っていても見飽きない」とか、「ときどき見ると心が落ち着く」などの感想を頂いている。

そういう、れんぞうの写真と、おいで屋の古いヤミ金の相談建物は不思議にマッチする。
昨年、ふとしたきっかけでお呼びがかかったことも、偶然ではないような気がする。

片づけが終わり、やれやれとしていたら、お抹茶を立ててくれた。
いや~、落ち着くネー。
お菓子は近所の和菓子屋の手作りである

また、来年、ここで写真展をすることを約束して、帰路についた。

ところで、このあと、おいで屋では、昨年、文化勲章を受賞した都築氏の陶芸展があります。

今朝はちょっと冷え込んだ。

仕事があったので、午前中は大府に出かけていた。
合間にちょっと時間ができたので、そこら辺を歩いてみた。
少し行くと大府駅に出た。
ここは東海道本線と武豊線の分岐駅で、貨物線も設置された広大な敷地を持つ駅である。
鉄道全盛時代には何両もの貨車が止まっていた記憶がある。
跨線橋から構内を写してみた。

写真は、作品を外している最中と外したあと。
お店で立ててくれた、お抹茶。

§31 · 8月 31, 2014 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.