割引キャンペーンを適用するには「いろいろパックセットが最初についてくる」ことが条件。
自分はインターネットの光回線と電話だけ利用したかったのだが、

最初は余計な契約(ひかりTV、有料の保守サポート、無線LANのセットなど)を一度「利用するかも状態」で契約しないといけなかった。 この余計な契約の多くは ヤミ金取り立て「最初の2ヶ月間は無料」で、無料期間から有料になる直前に解約すれば料金を払わずに済む。 ひかりTVは「最初2ヶ月は無料+1月利用料金」の後で解約可能だった。 量販店の方がとても親切で、余計な契約のリストを作成してくれたのでおかげで、順を追ってスムーズに余計な契約の解約ができました。 でも解約時期をちゃんと覚えておく必要や、電話やネットでの解約手続きの手間など、ちょっと煩雑でした(>_<) きちんと内容と利用目的を理解してるなら、必要なサービスだけ利用できますが、お年寄りや詳しくない人が勧誘などで「割引です、お得です」などのメリットだけ強調され、無駄な契約されたらな恐いなーと思いました。

§43 · 9月 9, 2014 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.