こんな人間だったので勿論ぼっちでしたがぼっち上等だったし、一部(殴り合った男子とか、リーダー格女子とか)には一目置かれていたので自分格好いいと信じて疑ってませんでした。だって自分なりに筋を通して生きてたつもりだったのです。
自分がこうだったので、反撃しない人達、我慢してしまう人達が歯痒かったんですが、自分が出来るし平気だからって他人もそうだとは限らないんですよね。
子供の頃から自覚がありましたが、私はよく弁の立つ子供で、舌戦を楽しむ癖もありました。協調性もあんまりなかったし、1人で色々やるのが好きでした。だからこそ腹も括れただけなのに、弁も立たないわ、他人と仲良くしたいわって人に、私みたいな向こう見ずな反撃を薦めるなんてのはとんだ偽善だったなと。いい歳した最近になって、反撃出来ない人達の気持ちがわかったような、わかりかけているような…。

nitakkoさんの娘さんは私からしたら「我慢している」ように見えます。でも娘さんは昔の私よりも相当に大人な印象ですね。
お母さんに報告する、お母さんは本気で対応しようとしてくる。
いいなって思います。うちの両親はそういうタイプじゃなかったので、私はなんでも1人で解決しました。
私には子供がいませんが、もし子供が嫌がらせなんかされてたら、やっぱり全力で闘うだろうなぁと思います。

§52 · 9月 24, 2014 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.