自分自身で素行調査をするとか後をつけて尾行や追跡をするのは、色々な障害があり、相手に見抜かれてしまうという事態にもなりかねないので、ほぼみなさんが経験豊富な探偵社に素行調査をやってもらっているのです。

あちら側は、不倫したことを何とも思っていないことがほとんどで、連絡が取れないことがしょっちゅうです。しかしながら、法律のプロである弁護士から書類が送られたら、やり過ごすことはできません。

もちろん離婚をするつもりがない方でも、パートナーを裏切る浮気や不倫についての慰謝料などの請求可能です。ただし、離婚した場合のほうが受取る慰謝料の金額が高くなるのは嘘じゃないみたいですね。

離婚届が受理されてから3年間の期間が経過したら、特別な事情がない限り慰謝料の請求が不可能になります。もしも、時効の3年間経過ぎりぎりだったら、ためらわずにお早めに弁護士の先生にご相談いただくほうがよいでしょう。

我々のような素人には実現不能な、質の高い有利な証拠を入手することができるから、失敗できないのでしたら、プロの探偵とか興信所といった専門機関に依頼して浮気調査してもらうのが一番いいと思います。

§64 · 10月 22, 2014 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.