12月になって振返るまでも無く、今年は病気に明け暮れた。
去年の暮れからある程度、決まっていた路線とは言え歳の初めからこの暮れまで身体の不調にこうも悩まされるとは。
明らかに一生分、医者の面倒になったような気がする。

入院3回、手術が2回。
生まれてこの方、親からもらったこの身体にメスを入れることなど予想だにしなかったが今年は何と言っても抵抗のしようが無い程に壊れた。
47年ぐらい生きて来ただけで脆いような気もするが、今までが余りにも身体に無関心。
酷使してきたツケが一気に来た感じである。

鯨飲馬食の食生活は昨年の暮れ、断酒と共に一変し今では何であんなに酒を呑んだのか自分でも分らない。
酒を呑まないと寝られない体質になっていたと思っていたが、その酒も少しは身体を壊す要因になっていたようで情けない。

過ぎたことをグダグダと愚痴たところでどうにもならないが、年が明けたら復活への道筋を立てるべく精進せねばなるまいよ。
今年は人生の休憩地点だったと解釈して、年が明けたら直ぐに債権者会議があって程なく会社と個人の破産整理も始末がつく。
これ以上の下り坂があるのかないのか知らないが、来年からは上昇気流に乗りたいものだ。

§94 · 12月 10, 2014 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.