まさに世紀末の平成12年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)から金融制度の企画立案の事務も統合し金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)に改編。翌平成13年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。

よく聞く「失われた10年」が示すのは、一つの国の、または一定の地域の経済が実に約10年以上の長期間にわたって不況並びに停滞に見舞われた10年を意味する言い回しである。

小渕首相が逝去、森内閣が発足した2000年7月、大蔵省(当時)から今度は金融制度の企画立案事務をも統合し西暦1998年に発足した金融監督庁を金融庁という新組織に改組した。翌年の平成13年1月、金融再生委員会は中央省庁再編にともない廃止され、金融庁は内閣府直属の外局となった。

外貨商品。外貨預金って何?銀行で扱うことができる外貨商品である。外国の通貨で預金する商品の事である。為替の変動によって発生する利益を得る可能性があるけれども、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。

簡単に?!ペイオフ⇒防ぐことができなかった金融機関の経営破綻による破産という状況の場合に、預金保険法の定めにより保護できる預金者(法人等も含む)の預金債権に、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事なのです。

§97 · 12月 23, 2014 · 未分類 · · [Print]

Comments are closed.